竹田陽一氏制作によるランチェスター戦略教材の三重県正規代理店「ランチェスター経営三重」による教材販売サイト
 
ランチェスター教材.jp
  カートを見る マイアカウント お問い合せ
ホーム 教材一覧 社長の実力診断 なぜ竹田ランチェスターなのか? 購入者の声

商品名 早解かりランチェスター法則DVD
定価 21,600円(税込)
販売価格 21,600円(税込)
購入数
早解かりランチェスター法則
 ランチェスター戦略もいいけど、「難しい、解かりにくい」という方のために、ランチェスター説明がパッと解かる2巻もののDVDを作りました。

これであなたも戦術名人になるための第1歩が踏み出せます。ランチェスター法則は、2つの法則でできています。
第1法則 攻撃力=兵力数×武器性能(質)

第2法則 攻撃力=兵力数2×武器性能(質)

 1. 強者の戦略と弱者の戦略
この何でもないように見える2つの法則が経営に応用され、意外な展開をすることになりました。
 その1つ目は、一定条件を満たした1位の会社だけが実行できる強者の戦略になります。
2つ目は2位も含め、この条件を満たしてない会社だけが実行しなければならない弱者の戦略となります。そして2つの会社は1000社中約5社しかなく、残りの995社は競争条件が不利になることから当然弱者の戦略で経営をしなければなりません。さらにこの中400社は競争条件が特別不利な弱者になるので、従業員の戦略原則をより厳密に守らなければならないのです。
 2. 多くの人は強者の戦略が正しいと思っている
  ところが本や講演で説明されるのは、大会社の組織作り強者の戦略が中心になっているので、多くの人は強者の戦略が正しいやり方であると強く思い込んでいるのです。
本来弱者の戦略で経営すべき会社が間違って強者の戦略で経営すると、根本的に間違った仕事を全員で実行することになります。こうなると経営効率がひどく悪くなるので、従業員1人当たりの粗利益が1年に「100万円〜200万円」も少なくなってしまいます。これでは経常利益が出てもほんの少しでたいがい赤字になるはずです。
 3. 初心の戦略や原点の戦略は弱者の戦略
 業績が思わしくない場合、その原因はいくつもありますが、その原因の多くは説明のとり違いから起きていることになっています。初心の戦略や原点の戦略と言われる内容は、実は弱者の戦略になっているのです。
厳しい経営環境が続く中、経営改善に取り組むには弱者の戦略ルールで経営の見直しをするのが最善です。このたびランチェスター戦略の入門用として、「早解かりランチェスター法則」という商品名で2巻構成のDVDを作りました。戦略名人を目指す人には必ず役に立ちます。

<早解かりランチェスター法則の目次 >
 DVD2巻 1時間31分。テキスト付
第1章 経営の構成要因とランチェスター法則 

 1.経営を構成する大事な要因 
 2.実行の手順をはっきりさせる
 3.ランチェスターの法則
 4.強者の戦略と弱者の戦略

第2章 強者の経営戦略

 1.総合1位主義 
 2.市場規模が大きな商品に力を入れる 
 3.商品の幅を広げて全体を押さえる 
 4.市場規模が大きな地域に力を入れる 
 5. 営業地域を広くして全体を押さえる 
 6. 間接販売を重視する 
 7. マス広告を積極的に使う 
 8. 強者は弱者を包囲する 
 9. 重装備な経営をして弱点を作らない 
 10. 弱者が新製品を出したらすぐミートする  

第3章 弱者の経営戦略


 1.目的は強いもの作り1位作りに 
 2.強い会社を攻撃しない 
 3.強い会社と差別化する 
 4.小規模1位主義・部分1位主義 
 5. 目的の発見は細分化で 
 6. 1位を目指す重点目標を決める 
 7. 目標の範囲は狭くする 
 8. 1位になれるだけの戦術力を投入 
 9. 弱者は最終利用者に直販を考える 
 10. 弱者は経営のやり方に革新を加える 
 11. 弱者は軽装備に徹して動きを早くする 
 12. 弱者の社長は仕事時間を長くする 
 13. 大事な情報は強い会社に流さない 
 14. 弱者は調子に乗るな、小さな成功で生活内容を変えるな


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける